天井までの高さの建具に統一

建具は天井までの高さで造ったので部屋全体が豪華な感じ!それがうちの自慢です。天井までの高さに決めたのは家族全員がそうしたいと言ったから。

日本は地震大国ですよね・・・。地震で建物の下敷きになって怪我をする可能性もありますが、家財道具の下敷きになって怪我をする可能性の方が高いと思い、できるだけ天井まである建具を選びました。大きな地震が起きても絶対に建具が倒れてこないような造りになっています。

家というのは安全な場じゃなくてはいけないし「安心できる場にしたい」という気持ちが強いです。天井まで届く建具は部屋を広くみせてくれるし部屋を豪華に見せてくれますが、地震が来ても安心できるメリットは大きいです。

私が住んでいる地域はいつ大きな地震が起きてもおかしくないところなので、天井と建具の間に隙間が無い状態は安心できます。大きな建具を突っ張り棒などで固定している家がありますがそれよりも安心感は大きいと思うのです。